長崎観光 ご当地 人気グルメ・おみやげ・名産

長崎ご当地グルメ・おみやげ・名産

長崎に来たなら、やっぱり食べたい長崎ご当地グルメ!帰りのお土産は何にする?

長崎ご当地グルメといえば、王道のちゃんぽん・皿うどん。そしてカステラ・トルコライスに角煮(東坡煮)など、長崎もグルメ様々あります!少しづつ作り上げていきたいと思います。

長崎市観光グルメ

ちゃんぽん

長崎ちゃんぽんのベースは、よく言われるように福建省料理がベース。
ちゃんぽん発祥の地と言われるお店(ちゃんぽんミュージアムを設けています)があります。但し、発祥の話にはいくつか諸説あるようですけど…、学生に栄養価が高く好ましい料理として昔からあったのは確かのようです。
長崎地元人では、ラーメンより好きな方が多く、豚骨と鶏ガラのブレンドが多い中、さっぱりした鶏ガラベースのお店もあり、お店により様々な味が楽しめます。追加の調味料は定番の塩胡椒の他、お好みでラー油(味が濃くなる)や酢(味がさっぱり上品になる)を入れるのもあり。入れすぎにはご注意あれ!長崎市の他にも、小浜ちゃんぽんや佐世保ちゃんぽんなど各地で違う味付けのちゃんぽんもあり、今では、日本全国各地でご当地グルメとして、ちゃんぽんが作られ食されているのも、日本人好みの味と言えるのではないでしょうか?余談ですが、ビール、日本酒、焼酎、カクテルなど、1日にお酒を数種類変えて飲む事も 長崎人は『ちゃんぽん』と呼ぶ。

皿うどん

ちゃんぽんと来れば、皿うどん!長崎ソウルフードの2大看板の1つ。
長崎皿うどんは、ちゃんぽんを出前用として出来た料理と言われています。今も親戚が集まれば、皿うどんを出前してもらう事が多いのです。県外から来られた場合、イメージも強いパリ麺(細麺)が用意され、地元が集まればパリ麺か、太麺(ちゃんぽん麺)の意見が分かれるのが定番と化す。パリ麺は時間と共に餡が麺に溶け込み柔らかくふやけ、2度楽しめるのが良いですね。
太麺は麺を軽く焦がし甘みを強くするお店が多くこれは地元人(私の周り)に人気が高いです。
地元人は、ウィスターソースをかけるのが定番ですが、県外の方はお酢を普通にかけるので長崎地元人がビックリする光景が見られます。

トルコライス

長崎ご当地グルメの代表格にもなる程に知名度が上がったのが、トルコライス。大人版のお子様ランチと言えばいいのかな?
一般的に、ご飯は、ピラフ・カレー・ドライカレーが多く、そこに、ナポリタンとデミグラスソースがかかった豚カツが一つのお皿に乗るのが王道。長崎市内の洋食店・喫茶店なら定番としてメニューに上がります。中にはオリジナルのトルコライスで勝負!エビフライを乗せたり、ハンバーグやコロッケだったりを乗せて提供するお店もありの、バリエーションも豊富で多彩!
俗に言われるトルコ料理とは全く関係のなく、諸説ある中、3色を意味するトリコロールからトルコライスになったと言われるのが有力っぽいです。
ならば、1プレートに3つの料理が乗ればトルコライス!でOK!? しかし、旨いですょ!