長崎スタジアムシティプロジェクト ジャパネット

長崎スタジアムシティプロジェクト ジャパネット Vファーレン長崎

長崎スタジアムシティプロジェクトと位置付け、V・ファーレン長崎の新スタジアムプロジェクト

長崎スタジアムシティプロジェクト概要を公表。ジャパネットホールディングス、複合型スタジアム・Vファーレン長崎

V・ファーレン長崎の親会社ジャパネットホールディングスは、長崎市幸町に建設する新スタジアム・タワーマンションなど500億円規模の総工費全額を自社で負担し、約7ヘクタールの市中心部の一等地で“スタジアムパーク構想”の完成予想図を公表。

子会社のサッカーJ2、V・ファーレン長崎のホームスタジアムを建設。アリーナや商業施設、マンション、ホテルを併設する。
 スタジアムはA案が長方形、B案がサークル型で、コンコースで回遊できる。座席は2万5千~2万7千席。アリーナ(8千~1万人席)はいずれもスタジアムの北側に配置。
 

両案とも、グラウンドと観客席の距離を近づけ、スタジアムを回遊しながら見下ろせるスペースを確保する内容。稲佐山のロープウェイを新スタジアムまで延伸する構想もあるらしい。

2023年をめどに完成を目指す

おすすめの記事