長崎美術館 プラドグッズのある美術館

長崎県美術館

風・光・水、そして大地に根ざす、美術館

長崎港周辺の再開発事業の一環として港内を埋め立てて造成され変貌を遂げた水辺の森公園に、長崎県の新たな芸術文化発信スポットとして2005年にオープン長崎県美術館。屋上庭園があり、ガラス張りの洗練された建物。長崎とスペインの現代美術のコレクションを展示。建築家の隈研吾さんがデザインしたことでも有名な美術館です。自然の外光と夜はライトアップ共に演出されるエントランス、心地よい風が吹き抜ける回廊、水面を臨むカフェ、長崎港が一望する屋上庭園など、建築・照明で数々の賞を受賞したこの美術館は、美術・芸術に訪れる人々に新しい発見と創造を提供します。

運河を挟み西側と東側ふたつの棟によって構成された設計も特徴。

  • 「ギャラリー棟」と呼ばれる西側の棟にはエントランスロビーや県民ギャラリー、ホールやアトリエなど皆さんに気軽にご利用できます。
  • 「美術館棟」と呼ばれる東側の棟には事務室や研究室、収蔵庫や作品搬出入口、企画展示室や常設展示室など美術館としての機能が集約されています。

日本で唯一プラド美術館グッズを販売するショップも備えています。

【プラド美術館】

プラド美術館はスペインの首都マドリッドにあり、歴代のスペイン王家のコレクションを展示する美術館。パリの『ルーヴル美術館』、フィレンツェの『ウフイッツィ美術館』と並んで世界の三大美術館といわれ1819年、フェルナンド7世の命により、歴代スペイン王家のコレクションを管理・展示するために開館されました。ベラスケスやゴヤの作品が有名で、収集品の数は3万点を超すといわれ1868年の革命以降、王家の財産は国有化され現在は国立美術館となりました。

開館・休館日料金サービス駐車場

開館・休館日

開館時間 10:00~20:00(事業により時間を変更することがあります。)
休館日
  1. 毎月第2・第4月曜日(休日・祝日の場合は火曜日が休館)※事業により変更になる場合があります。
    (平成30年度臨時開館日:平成30年4月23日、8月13日、10月9日)
  2. 年末年始 平成30年12月29日(土)~平成31年1月1日(元日)

料金

入館料金 入館は無料です。企画展、コレクション展、その他有料展覧会の観覧、カフェの利用等は別途料金が必要です。

コレクション展 観覧料金
一般 大学生 小中高生 シニア(70歳以上)
普通観覧料金 400円 300円 200円 300円
団体割引料金 (15名以上) 320円 240円 160円 240円

※ 県内在住の小・中学生は無料。
※ 学校行事の一環として、県内の小・中・高・特別支援学校生が利用する場合は、引率の教員を含め、無料。
※ 障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)保持者及び介護者1名は無料。

サービス 利用者のニーズに応じ、20:00までの夜間開館、22:00まで建物をライトアップ。

エントランスロビー受付で、館内情報、観光情報、交通機関、その他さまざまなお問い合わせに応じます。

  • ベビーカーや車椅子の無料貸出し可
  • 授乳室(兼救護室)有り
  • コインロッカー有り

駐車場

美術館内で有料施設(企画展・コレクション展・カフェ・ミュージアムショップ等)をご利用になられた場合、対象駐車場の駐車料金割引。駐車券を受付にご提示下さい

駐車場 入庫して3時間まで

30分毎 50円

 通常利用料金

8:00~20:00 30分毎 120円
20:00~8:00 30分毎 60円

※24時間毎の上限額 2,880円

長崎県立美術館イベント情報

長崎県立美術館 近隣おすすめスポット

長崎市中央近隣の観光情報/施設やお店

出島・大波止・樺島町近隣

交通アクセス

公共交通機関
路面電車 ○出島電停
○市民病院前電停
徒歩3分
徒歩2分
バス ○長崎新地ターミナルバス停(空港リムジンバス、高速バス含む※)
○大波止バス停(空港リムジンバス、高速バス含む※)
○長崎県美術館バス停(土日祝のみ運行。)
徒歩5分
徒歩8分
JR ○JR長崎駅 徒歩15分
フェリー ○長崎港大波止ターミナル 徒歩10分
○長崎自動車道・長崎ICよりながさき出島道路経由 5分

※ 空港リムジンバス・高速バスは、出島道路経由など一部の便が停車します。高速バスは、大波止バス停のみ停車する便もあります。詳しくは各交通機関へお問合せください。

【長崎県営バス「長崎県美術館バス停」時刻表】※土日祝のみ

長崎県美術館 〒850-0862 長崎県長崎市出島町2番1号 
TEL:095-833-2110 FAX:095-833-2115

おすすめの記事