亀山社中記念館 長崎

亀山社中記念館 長崎

長崎亀山社中記念館と坂本龍馬

日本最初の商社といわれる、長崎「亀山社中」を結成した坂本龍馬(1835~1867)

慶応元年(1865)夏頃、薩摩藩や長崎商人の援助を受け、坂本龍馬と同志たちにより設立された「亀山社中」日本最初といわれる商社を結成。活動期間の約2年間、海運業などの活動など幕末・維新史において重要な役割を果たし、新時代を開くための足がかりとなりました。

「長崎市亀山社中記念館」としてオープン

平成21年(2009年)「長崎市亀山社中記念館」としてオープン。当時の建物に限りなく近い形に改修・復元。名誉館長は坂本龍馬に造詣が深い武田鉄矢氏が務めています。龍馬が使用したアイテム、紋服、刀、ブーツ等のレプリカや、書状の写し、当時の志士達の写真等が展示され、隠し部屋とされた中2階も階段上部から見られ、
坂本龍馬に関する資料が集められた入り込んだ場所にあるが、
亀山社中記念館は観光にも人気スポット

長崎市亀山社中記念館 情報

場所 長崎市伊良林2丁目7番24号
営業時間 9:00~17:00
料金 一般 300円
高校生200円
小・中学生 150円
休館日 年中無休
駐車場  なし

MAP

  • バス /「風頭山バス停」下車 徒歩約11分
  • 電車 /「 新大工町電停」下車 徒歩約15分
おすすめの記事