十八親和銀行に新行名

十八銀行と親和銀行が合併

2020年10月に予定 長崎市銅座町の十八銀本店所在地に置く

 十八銀行(長崎市)とふくおかフィナンシャルグループ(FFG)傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)は、2020年10月に合併し、十八親和銀行に新行名

県内1、2位と長年ライバル関係にあった銀行の合併で、長崎で親しまれている2社の名称を残して融和を図る。早期に新名称を公表することで、顧客や地域に浸透させる狙い。

新銀行の資産は約6兆円(単体)。九州の地方銀行では、肥後銀行(熊本市)を抜き、3位の規模になる。

おすすめの記事